東京で雨漏り修理をするならどの業者に依頼するべき?絶対に失敗しない選びかた

お役立ち情報

突然の大雨により、自宅に雨漏りが発生した場合、どういう行動をとられるでしょうか。

ほとんどの人は、雨漏りの落下点にバケツなどを設置して、一時的な処置をするはずです。

しかし、雨漏りを放置しておくと自宅に大きなダメージを与えてしまうため、どこかの業者に問い合わせをしていいのか悩むところですよね。

そこで今回は、東京で雨漏り修理をするならどの業者に依頼するべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

雨漏りが発生する場所について

雨漏り発生個所
まずは、どこから雨漏りが発生するのかを見ていきましょう。

屋根

雨漏りする箇所として、もっとも多いところといえば屋根ではないでしょうか。

実際に屋根は自然災害の影響を非常に受けやすい場所のため、雨漏りしやすいという特徴があります。

基本的に屋根から雨漏りが発生すると、天井がシミになったりクロスが浮いたり、剥がれたりするため、目で見てわかります。

外壁

屋根に続き、雨漏りが多い箇所は外壁です。

なぜなら、外壁も経年劣化によりヒビや割れなどが発生し、そこから雨水が浸入するからです。

さらに、外壁には水道管やガス管などの設備が家とつながっています。

その配管まわりを埋めているコーキングなどが劣化したことによって、雨水が浸入するこもあります。

雨漏り業者

クロスが浮いてきたり、シミたり、カビ臭かったりするようであれば、外壁に雨水が浸入している可能性があるため、要注意です。

サッシ

どんな家にも窓があるはずです。

そんな窓サッシからも雨水が浸入し、雨漏りになってしまいます。

とくに、コーキングの隙間ができていたり劣化していると雨水が浸入します。

また、窓周辺にヒビ割れがある場合も、そこから雨水が浸入し雨漏りが発生してしまいます。

雨漏り業者

窓は、頻繁に開け閉めすることもあり、ちょっとした衝撃の繰り返しによりヒビ割れになるため、注意しましょう。


雨漏り業者

ベランダ

意外かもしれませんが、ベランダも雨漏りの原因となります。

もともとベランダの床は防水施工をされていますが、経年劣化をはじめ紫外線や、人の行き来により機能が失われていきます。

防水機能が失われたベランダは、非常に水が溜まりやすいためすぐ下の部屋などに雨漏りが発生するというわけです。

東京でこんな雨漏り業者には要注意!

雨漏り注意

もし、雨漏りが発生した場合、どこかの業者に問い合わせをするはずです。

しかし東京だけで見ても、数えきれないくらいの雨漏り修理業者が存在しているため、どこに問い合わせするべきなのかを迷ってしまうことでしょう。

そこで、東京で注意するべき業者についてお話しします。

質問しても適切な答えが返ってこない

業者はその道のプロではありますが、依頼主は雨漏りに関して、なんら知識を持っていないことがほとんどです。

ですから、なぜ雨漏りをしているのか、どうすれば直るのか、料金はいくらなのか、という疑問が浮かんでくることでしょう。

しかし、悪質な業者の場合はそんな質問に的確に答えようとしません。

とくに専門的なことになると知識が不足しているため、あまりいい答えが返ってこない可能性があります。

もし、雨漏りに関する質問をして適当な答えが返ってきた場合は、工事も適当にされる可能性があるため注意しましょう。

見積内容が不明瞭

雨漏り工事をする際に、もっとも気になることと言えば料金ではないでしょうか。

工事をする前にかならず見積書をもらえますが、その中身が不明瞭な場合は注意が必要です。

たとえば、工事一式など中身が分からない見積書は、何にいくらかかっているのかが理解できません。

また、相場とも比較ができなくなるため、より詳細な見積りをだしてくれるような業者を選ぶべきと言えます。
【スーパーホームレスキューの修理費用はこちら>>】

あり得ないくらいの割引を提示してくる

本気で雨漏り修理を検討しているタイミングで、値引きを提案されたらどうでしょうか。

きっと、心は揺れ動き即決してしまうかもしれません。

しかし、その値引きにも注意をしなければなりません。

なぜなら、大幅な値引きをしてとにかく契約をとろうとする業者がいるからです。

当然、何らかの理由で多少の値下げをすることはありますが、大幅値引きは危険と言えます。

結果的に手抜き工事をされる可能性がありますので、値引きの提案があったからといって即決しないようにしましょう。

調査が適当すぎる

どんなにその業界の経験があったとしても、雨漏りの原因はしっかりチェックしないと分からないものです。

ですから、現地調査をしないのは問題外ですし、調査をしたとしても一瞬で終わってしまうような業者には依頼しないでおくべきと言えます。

丁寧な業者であればしっかり現地に足を運んでくれて、徹底的に調査を行い原因を特定してくれます。

マナーや身だしなみが悪い

雨漏り修理業者以前の問題となるのが、マナーや身だしなみが悪いことがあげられます。

やはり、どんなに完璧に施工をしてくれたとしても、マナーが悪く身だしなみも整っていないような業者ですと、不快感でしかありません。

とくに雨漏り工事は、近隣への配慮をしないといけないことがありますので、そういう細かいところを怠ってしまうと、トラブルのもとにもなりかねません。

業者は工事が終わればくることはありませんが、住人はずっとそこに住み続けるわけです。

ですから、マナーや身だしなみがしっかりしているような業者を選ぶべきと言えます。

まとめ

適当な答えが返ってきた場合は、工事も適当にされる
より詳細な見積りをだしてくれるような業者を選ぶ
大幅値引きは危険
調査を一瞬で終わらせる業者には依頼しない
マナーや身だしなみがしっかりしているような業者を選ぶ


雨漏りレスキュー

雨漏り問い合わせ

東京で失敗しない雨漏り修理の業者の探しかた

東京で絞っても、たくさんの雨漏り修理業者が存在しているため、どこに問い合わせをするべきなのかを迷ってしまうものです。

ここからは東京で失敗しない雨漏り修理業者の探しかたについてお話しします。

公式ホームページをチェックする

まずは、どんなことよりも雨漏り修理業者の公式ホームページをチェックすることからはじめましょう。

東京にお住まいであれば、エリア+雨漏り修理、などをGoogleやYahooの検索窓で調べると、複数の業者がでてくるはずです。

複数のホームページを見て、業務内容や業者の特徴、料金などを比較して良さそうなところをピックアップしましょう。

実際に問い合わせをする

いくらホームページのできが良くても、中身が伴っていない可能性があります。

なぜなら、ホームページ上ではいくらでも良いことが言えるからです。

ホームページのデザインは素敵なのに、施工は適当だったなんてこともありますので、気になる業者があれば問い合わせをしてみるべきです。

実際に問い合わせをしてみて、親切丁寧かどうかを調べておけば、業者の良し悪しというのが判断できるというわけです。

雨漏り修理なら東京の「スーパーホームレスキュー」へ

もし、東京で雨漏り修理業者をお探しなら、スーパーホームレスキューへお任せください。

当社では、雨漏り修理を中心に屋根や瓦のリフォームなど、お住まいに関することを得意としております。

雨漏り修理は高額だから頼みづらい、というイメージがあるかもしれませんが、加入中の火災保険を適用することで0円で施工できます。

雨漏りで火災保険
もし、雨漏りで悩んでいるのでしたらまずは、当社にお問い合わせください。

雨漏りの原因や修理方法、火災保険について詳しくお伝えいたします。

雨漏り修理の東京のまとめ

東京に限定しても、たくさんの雨漏り修理業者が存在しているため、どこに依頼するべきなのかを迷ってしまいます。

そんなときは雨漏り修理に特化して、なおかつ火災保険に詳しいスーパーホームレスキューへご相談ください。

プロのスタッフが、親切丁寧におこたえいたします。
雨漏り信頼