雨漏りはどこから発生?恐怖の被害とは

雨漏りしやすい箇所お役立ち情報

雨漏りを放っておくのは危険です。

少しくらいなら問題ないと思うかもしれませんが、住宅だけではなく、人やペットの健康にも影響が出てしまうのです。

放置していると、被害がどんどん大きくなるため、見つけた時点で対処していく必要があります。

この記事では、数々の雨漏りを見てきたプロの視点で、雨漏りの危険性をお伝えしていきます。

雨漏りの発生しやすい箇所

屋根は普段目にする機会も少ないため、気付かないうちに雨漏りが起きやすい状況になっていることもあります。

屋根は年数が経ってくると被害が出やすいのですが、台風や大雪の後は、新築の住宅でも安心できません。

まずは雨漏りが起きやすい箇所を見ていきましょう。

瓦屋根・スレートの浮き、割れ、ずれ

瓦の割れ雨漏り
瓦やスレートが割れていたり、浮きやズレが起きていたりすると、そこから雨漏りが発生します。

年に1度、もしくは台風が起きた後は屋根の点検を行い、被害が出ていないか確認しておくのがおすすめです。

谷樋板金の腐食

棟板金の釘浮き
屋根の中でも谷樋板金は水の流れが集中する部分なので、金属が腐食するスピードも早くなっています。

素材がステンレスならそこまで問題はないのですが、トタンや銅は10年ほど経っていれば、腐食して穴が空いてしまうのです。

サビや汚れが付いていると、穴が空いていても気づきにくいため注意しておきましょう。

棟板金の釘浮き

棟板金の浮き
棟板金は釘で止まっているものの、年数が経ってくると下地も弱ってくるため、だんだん釘が浮いてきてしまいます。

釘が浮くことで隙間ができてしまい、そこから雨漏りが起きてしまうのです。

屋根の中で最も風の影響を受けているので、被害が発生しやすい箇所と覚えておきましょう。

漆喰の崩れ

漆喰
瓦の棟に使われている漆喰が崩れてしまうと、中に雨水が吹き込んでしまい、雨漏りを引き起こす原因となります。

年数が経っている住宅はもちろん、強風が引き金になるケースもあるので注意して下さい。

見た目では分かりにくいですが、ひび割れや隙間から雨水が侵入することもあるため、見落としてしまう部分でもあります。

家を建ててから一度も点検していない方は、5年、10年と定期的にプロに見てもらいましょう。

雨樋の損傷

雨樋の損傷
「雨樋が壊れているくらいで雨漏りは起きない」と思っている方も多いのですが、実は危険な箇所なのです。

雨樋が割れていると、予期せぬ場所に集中的に雨水が打ち付け、そのまま侵入してしまい、雨漏りに繋がるケースがあります。

特に大雨の日は大量に雨水が流れ込んでいるため、破損している箇所からホースで水を撒いたような水が溢れることもあります。

施行ミス

施工ミス
雨漏りは施工ミスによって起きることもあるのです。

雨漏りが起きる施工ミスの特徴として、見た目では分かりにくいという共通点があります。

下地の雨仕舞いを軽視しているケースが多く見られます。

これらは残念なことに単純に業者の経験不足、知識不足が原因ですね。

屋根や壁からの漏水すると

柱を腐らせる雨漏り
屋根や壁から雨漏りが入ると、気付かないうちに下地や柱などを腐らせてしまいます。

近年の住宅は高気密・高断熱の住宅が多く、雨漏りしても気付きにくくなっているのが原因ですね。

外から入った雨水が、壁の中や天井裏にある断熱材に染み込み、乾燥しにくい状態になっています。

劣化がひどい場合は大掛かりな工事になるでしょう。

修理工程


下地や柱が腐食している場合は、雨漏りしている部分を解体して、すべて交換する必要があります。

被害が出た箇所は、室内の壁や天井も張り替えもしなくてはいけません。

シロアリ被害に遭う可能性も

雨漏りで湿っている場所はシロアリが好みます。

もし室内に以下のような症状が出たら、シロアリの被害を疑いましょう。

  • 床がフカフカしている
  • 柱のそばに木くずが落ちている
  • 柱がスカスカになっている

シロアリは床下や壁の中から順番に木材を食べていくため、室内から分かるような状態は被害が進んでいる証拠です。

シロアリ対策の工程

木材に被害が出ている箇所はもちろん、他にも被害が出ていないかを調べたうえで、柱や土台に専用の薬剤を散布していきます。

被害が出ていない箇所にも予防として散布しておく必要があります。

シロアリの被害がひどい箇所は解体し、薬品を散布したうえで交換、補強をしなければいけません。

カビや呼吸器疾患になる場合も

雨漏りが原因で壁や天井にカビが発生し、健康にも被害が出てしまいます。

  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • 過敏性肺炎

埃などのアレルギーかと思っていたら、カビが原因だったというケースもあります。

小さな子どもやペットは影響を受けやすいため、直ちに対処していきましょう。

修理・カビ除去方法

カビが原因してしまった壁紙は、張り替えたほうがよいでしょう。

下地や石膏ボードまで繁殖している可能性があるからですね。

カビの発生がひどい部分は交換、そうでない箇所もカビを抑える薬品を塗布して処理していきます。

信頼できる業者へ依頼


信頼の業者

雨漏り電話

雨漏りの修理は実績のある業者に依頼しないと、修理したのに直らないというケースもあります。

それほど原因が分かりにくく、知識がないと解決できないからですね。

依頼する業者は、雨漏り修理の実績が多い専門業者を選ぶべきです。

スーパーホームレスキューは雨漏り、屋根の修理を専門に行っております。

熟練の経験と豊富な知識がある、スーパーホームレスキューに是非お任せください。