賃貸での雨漏りの原因と修理方法

お役立ち情報

「賃貸で雨漏りした場合はどう対応したらいいか分からない」
「修理費は誰が払うの?どこに連絡すればいいの?」

賃貸アパートやマンションに住んでいると、誰が修理費を負担するのか分からないですし、不安になりますよね。

結論から申しますと、賃貸の雨漏りに関しては大家負担になるケースが多いです。

しかし原因によっては、借主が負担になる場合もあるので注意して下さい。

今回は、賃貸で雨漏りが起きたときに慌てずに対応できるよう、正しい対処法をお伝えしていきます。

借主が負担する雨漏り

借主の過失により雨漏りが起きた場合は、修理費を負担しなければいけません。

  • 屋根に自分でアンテナを設置した
  • 雨漏りしているのを放置した
  • 以前に自分で雨漏りを修理した
  • 勝手に改築・改装をした
  • 水漏れを起した

上記が原因で雨漏りが起きた場合は、借主が費用を負担しなければいけません。

雨漏りに気付いていたのに放置していると、責任を問われる場合があるので、見つけたら直ちに管理会社に連絡して下さい。

家修理業者

ただこういった状況でも慌てずに、賃貸の契約時に「借家人賠償責任保険」に加入していたかチェックしましょう。

借家人賠償責任保険とは火災や破裂、爆発、水ぬれが起きたとき適用される保険。

借主が加入する火災保険のようなものですね。

原因によっては保険が適用され、雨漏り修理の負担が少なくなる可能性もあります。

対処方法

雨漏りに気付いたら、すぐに大家さんや管理会社に連絡して下さい。

その場の状況をできるだけ詳しく説明し、この後の対処についても聞いておきましょう。

勝手にやってはいけないことがあるかもしれないからですね。

一通りの報告や確認が終わったら、応急処置をする前に現場の状況を撮影しておきます。

  • 雨漏りしている箇所
  • 周りへの被害状況
  • 壊れてしまったもの

証拠写真があれば、調査時の状況説明もスムーズに進むでしょう。

写真を取り終わったら、被害が大きくならないようバケツやタオルを用意して、応急処置を行って下さい。

家修理業者

調査まで時間が空くケースもあるので、家具や家電などを移動させておくとよいでしょう。

もし自己負担で修理することが決まったら、修理業者を見つける必要があります。

依頼する業者は、雨漏りに関する知識が豊富な業者に依頼しましょう。

大家負担の雨漏り

雨漏りの原因が以下のような場合は、大家が修理費を負担します。

  • 自然災害
  • 経年劣化
  • 施工不良

とはいえ雨漏りが起きた段階では原因も分からないので、大家さんに連絡をしてから雨漏りの状況を撮影しておいて下さい。

家修理業者

もし破損した家具や家電があれば、請求できる可能性があるので、証拠写真を撮っておきましょう。

この後は二次災害を防ぐための応急処置を行い、修理の日を待つしかありません。

屋根が破損して起きた雨漏りの修理方法と工程

台風により屋根が破損して雨漏りが起きるケースがあります。

この場合は屋根を修理した後に、室内に被害があれば、天井や壁紙を修理しなければいけません。

  1. 屋根・室内を調査する
  2. 破損した屋根の修理を行う
  3. 必要があれば室内を修理

まずは屋根と室内の状況を確認し、雨漏りしている箇所を特定してから工事を進めます。

原因を特定するために室内の調査もあるので、立ち会いをして撮影しておいた写真を見せながら被害状況を説明するのがよいでしょう。

原因が分かり次第、破損した屋根を直し、必要に応じて室内も修理します。

室内での工事がある場合は大家さんと話をして、工事が進められるように予定を確認し、準備しておきましょう。

外壁のひび割れが原因で起きる雨漏りの修理方法と工程

経年劣化による外壁にひび割れから雨漏りが起きることもあります。

外壁から侵入した雨水によって、室内まで被害が出てしまうのです。

  1. 外壁・室内の調査
  2. 外壁のひび割れを補修
  3. 室内の壁紙や天井の補修

まずは調査から始まります。

ひび割れの補修は簡単なのですが、どこから雨漏りしているかを突き止めるのに時間がかかるかもしれませんね。

雨漏りが起きたときの状況を確認し、写真で残しておくとよいでしょう。

外壁のひび割れはコーキング材で補修し、室内の被害がひどい場合は、室内の壁紙を張り替えることで対処します。

工事の内容や予定を確認し、室内作業がある場合は部屋の片付けをして、準備しておく必要があります。

費用負担0の可能性も

もし借主に過失がある場合でも、雨漏り調査会社が調べ、原因を特定します。

このときに自然災害と判断されたら、費用を負担ゼロになるケースもあります。

例えば、もともとの原因がアンテナの取り付けによるものだとしても、台風がきっかけで雨漏りが起きた可能性もあるからですね。

そのため、修理を行うにしても、まずは専門家による調査が重要になってきます。

スーパーホームレスキューでは、保険診断士試験に合格した、ベテランの修理工が対応します。

雨漏りの原因を詳しく調査し、お客様の負担が減るように保険の診断、申請まで無料でフルサポートさせていただきます。

もし雨漏りでお困りでしたら、ぜひ弊社までご連絡下さい。
群馬の屋根業者群馬のリフォーム電話