屋根塗装に適切な時期ってあるの?工事に最適な時期を詳しく解説!

お役立ち情報

もし、これから屋根塗装を検討している場合、どのタイミングでお願いすればいいのかを非常に迷われるのではないでしょうか。

なぜなら、屋根がどういう症状になったら、屋根塗装を行うべきなのかが分からないからです。

できれば最適な時期に工事をしてもらい、少しでも長く長持ちさせたいと思うものです。

そこで今回は、屋根塗装の時期について詳しくお話ししますので、参考にしてみてください。

屋根塗装をしないといけない理由について

そもそも、なぜ屋根塗装をしないといけないのかを知っておきましょう。

家の美観を保つため

新築時には屋根も外壁も、すべてがキレイな色でしたが、年を重ねるごとにあちこちが劣化していくものです。

とくに屋根はその現象が顕著にあらわれます。

なぜなら、屋根は家のなかでも最も高い位置に存在するからです。

屋根材の種類によっては塗装が施されていますが、強烈な紫外線や雨風に打ち付けられることにより、徐々に塗装が剥がれたり色あせたりするというわけです。

屋根塗装をすることで、新築のときと同じような輝きを与えてくれます。

屋根を保護するため

屋根塗装は、美観を保つためだけにあるわけではありません。

屋根塗装を行うことで、屋根を保護してくれる役割があります。

たとえば、スレート屋根や金属屋根などは紫外線や雨などの耐性が高くないため、すぐに屋根材が劣化してしまいます。

ですが、屋根塗装を施しておくことで塗膜が屋根を守ってくれるというわけです。

資産価値の維持のため

家を購入する立場になった場合、塗装がキレイな家と、汚い家の場合どちらを選びますでしょうか。

答えは、塗装がキレイな家を選ぶ人が多いはずです。

もちろん、今の家にずっと住み続けば問題はありませんが、将来的に売却することも考えられます。

そんなときに、塗装が剥げたり色あせしたりしていると、見た目が悪くなるので決して高く売れなくなってしまいます。

そういう視点でも、屋根塗装は重要ですので軽視できません。

屋根塗装の時期を決めるのは症状が出てから?

屋根に何らかしらの症状がでた場合、屋根塗装を検討するべきと言えます。

屋根が色あせている

色あせた屋根
屋根でよくある症状と言えば、色あせではないでしょうか。

色あせとはその名の通り、屋根の塗装が紫外線や雨風によって色が落ちてしまった症状のことを指します。

屋根の色あせにより、塗膜が薄くなっているわけですから屋根を保護する力が弱くなっているというわけです。

この時点で屋根塗装をしておけば、屋根の劣化を抑えられるためより長く住めるようになります。

カビやコケが生えている

屋根塗装がしっかり保護していると、綺麗な状態のままですが、保護機能が低下すると屋根が水分を含んだ状態になってしまいます。

結果的に水分を含んだ屋根に、カビやコケが生えます。

カビやコケはびっくりするくらい増殖していくため、はやめに除去して塗り替えをするべきと言えます。

塗装が剥げている

屋根の塗膜の劣化が進行すると、色あせではなく色が剥げてしまいます。

塗装が剥げてしまうと保護機能が失われ、屋根のいちぶが剥がれます。

当然、保護機能を失った屋根に容赦なく雨水が打ち付けられ、剥がれた場所から浸入するというわけです。

ですから屋根の剥がれの状態によっては塗装ではなく、修理や補修になる可能性があるため、一刻も早く業者に相談するべきです。

屋根のチェックが難しいなら外壁で

一般の人は、さすがに屋根を目視しても症状は分かりませんし、のぼってチェックするわけにもいきません。

そんなときにチェックしてほしいのが外壁です。

外壁に何らかしらのサインがでているのであれば、屋根はそれ以上に塗装をしないといけません。

なぜなら、外壁以上に屋根は過酷な環境で戦っているからです。

たとえば、外壁を手で触れてみて白い粉(チョーキング現象)が付着したり、細かいひび割れが発生していたりすると危険です。

外壁にも塗装が施されていますが、チョーキング現象やひび割れが発生している場合、すでに保護機能が低下している可能性があります。

つまり、外壁の保護機能が低下しているのであれば、屋根はそれ以上に危険な可能性があるというわけです。

時期がきても屋根塗装をしないとおきる現象

屋根塗装の時期
では、もし時期がきても屋根塗装をしなかった場合、どういうことが起きるのでしょうか。

もし、節約のためだったり面倒だったり、なんてお考えの人には必見です。

建物の見栄えが悪くなる

やはり、屋根塗装をしないと見栄えが悪くなるので、築年数以上に汚く見えてしまうものです。

せっかく建てた家ということもありますし、周辺を通る人や来客にも悪い印象を与えてしまいます。

雨漏りが発生する

屋根塗装をしないと保護機能が失われるため、雨が降ったら屋根にダイレクトに浸入していきます。

そして、雨漏りが発生するというわけです。

雨漏りの状況によっては、その場で生活できなくなるため、非常に厄介な症状と言えます。

害虫が侵入する

実は雨漏りしている段階で、害虫がすでに侵入している可能性があります。

その害虫とはシロアリです。

シロアリは湿気と木を好むため、雨漏りしている家にはすでにかなりの数が侵入していることが考えられます。

しかもシロアリは小さいながら木を食べ物にするため、放置するとだんだんと重要な木が食べられてなくなってしまいます。

ですから、たかが雨漏りだろうと考えている裏では、とんでもないことが起きている可能性があるので、すぐにでも専門業者に問い合わせをするべきです。

建物の寿命が少なくなる

屋根の塗料が剥がれるのはもちろん、シロアリやカビが増殖し続ければ、家の状態がどんどん悪くなってしまいます。

当然、シロアリが木を食べつくしてしまった場合、家としての状態を保てなくなってしまうため寿命が一気に短くなります。

どんな状況であっても、家にとってマイナスなことは寿命が縮まっていると考えておくべきです。

修理費用が莫大になる

たとえば、ちょっとした屋根の補修程度であればそこまで大きな費用はかからないものです。

ですが、修理や補修が面倒で、費用をかけたくないと思いそのまま放置していると、屋根の状態がどんどん悪化してしまいます。

結果的に、補修ではなく大規模な屋根工事になってしまうため、予想以上の出費となる可能性があります。

こまめな塗装や修繕はお金が必要かもしれませんが、あとあとになって莫大な費用がかかるよりかはマシではないでしょうか。
雨漏り費用高額【スーパーホームレスキューの修理費用はこちら>>】

屋根塗装の時期でお悩みなら「スーパーホームレスキュー」へ

もし、屋根塗装の時期やタイミングでお悩みでしたら、スーパーホームレスキューへお任せください。

当社では、屋根塗装をはじめ屋根に関するさまざまな工事を専門に対応しております。

しかも、本来であれば屋根塗装も大きな金額がかかりますが、加入中の火災保険を適用により0円で工事が可能です。

もちろん、加入中の火災保険の条件などにもよるため、まずはお問い合わせください。

火災保険の修理

雨漏り問い合わせ

お電話にて状況を確認し、お伺いして診断をいたします。

その際に、お見積もりや火災保険について詳しくご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

屋根塗装の時期のまとめ

屋根は高いところにあるからこそ、塗装やメンテナンスのタイミングが非常に難しいと言えます。

ですが、ちょっとした異変に気付いてあげることで、最適な時期に屋根塗装ができるというわけです。

もし、屋根や外壁をチェックしてみて、すこしでもおかしいと思いましたらプロの業者に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。