屋根塗装は塗料がたくさんあるのって本当?最適な塗料を選ぶための豆知識

お役立ち情報

これから屋根塗装を検討される場合、プロの業者にすべてお願いしようと思っている人は非常に多いのではないでしょうか。

もちろん、プロにすべて任せるのは当然のことですが、依頼する側も少しの知識があればより理想の屋根塗装が実現するというわけです。

とくに屋根塗装においては塗料の種類がいくつもあるため、違いを知っておくべきと言えます。

そこで今回は、屋根塗装の塗料について詳しくお伝えしますので参考にしてみてください。

屋根塗装はたくさんの種類の塗料がある!

屋根塗装をする際に、塗料を塗るというのはなんとなくわかるかもしれませんが、そのなかにもたくさんの種類があることをご存知でしたでしょうか。

塗料ごとに特徴が異なるため、知っておいても損はありません。

耐久年数効果
ウレタン

6~8年

一昔前の主流
遮熱等効果なし

シリコン

10~13年

一般的
遮熱等効果なし

ラジカル

10~13年

最も人気
耐久性・防汚性にすぐれる

フッ素

15~20年

長持ちする
やや費用が高い

遮熱
断熱塗料

15~20年

長持ちする
やや費用が高い

詳しい費用についてはこちら

ウレタン塗料

一昔前まで主流だった塗料と言えば、ウレタンではないでしょうか。

ウレタン塗料とは、その名の通りウレタン系樹脂をメインとした塗料のことを指します。

ウレタン塗料は非常に柔らかく密着性が高いという特徴があるため、非常に扱いやすい塗料と言えます。

また、密着性が高いということは屋根がひび割れしにくく傷に強いというメリットもあります。

ですが、近年ではワンランク上のシリコンやラジカルの価格が安くなったことから、ウレタン塗料の活躍の場所は減ってきています。

とはいえ、もともとは主力級だった塗料ということもあり、好んで利用されるケースもあります。

シリコン塗料

ウレタン塗料から主役の座を奪い取ったのが、シリコン塗料です。

シリコン塗料とは、その名の通り主成分をシリコンとした塗料のことを指します。

シリコンの最大の特徴と言えば、耐熱性、耐水性、耐候性に優れているということです。

つまり熱に強く、雨水を通しにくく劣化を抑える効果があるため、屋根の塗料としては非常に優秀と言えます。

ラジカル塗料

ラジカル塗料は、2012年に発売された比較的新しい塗料です。

このラジカル塗料が販売されたことにより、シリコンと同等、もしくはそれ以上の人気を誇るようになりました。

ラジカルとは、酸素や紫外線などが接触することにより発生する物質のことを指します。

ラジカルにより塗膜を劣化させたり破壊したりするため、これを抑えるためにラジカル塗料が誕生しました。

ラジカル塗料は、非常に耐久性や防汚性に優れており、藻やカビがつきにくいという特徴があります。

また、費用もフッ素と比較すると安いので人気のある塗料と言えます。

フッ素塗料

フッ素塗料は、どの塗料よりも耐用年数が長く長持ちするものとして人気を博しています。

フッ素塗料は、耐久性、耐候性、耐熱性に優れており、高層マンションなどでよく利用されている塗料でもあります。

塗料のなかでも、もっともグレードが高いですが、その分費用が高いというデメリットがあります。

遮熱塗料

いちばん、日光が当たりやすい場所は屋根です。

その屋根に直接日が当たることで、建物内部の気温がどんどん上昇していきます。

もしそれが真夏の時期だった場合、すさまじく苦しい暑さになるためクーラーなどでしのぐというわけです。
それらを解決してくれるのが遮熱塗料です。

遮熱塗料を施すことにより、太陽光の紫外線を反射してくれるため、室内温度の上昇を防いでくれます。

つまり、その分クーラーなどで冷房を効かせすぎることがなくなるため、電気代はもちろんCO2の削減にも期待できます。

夏の暑さ対策をするのであれば、遮熱はおすすめの塗料と言えます。

断熱塗料

遮熱塗料とよく比較されるのが、断熱塗料です。

断熱塗料とは、熱を伝わりにくくするための塗料のことを指します。

とくに寒い冬場になると、室内は耐えがたいほど寒くなるわけです。

しかし断熱塗料を施すことにより、冷気の侵入を防ぎ熱を逃げなくしてくれるため室内温度をしっかり保ってくれるというメリットがあります。

屋根塗装の塗料を選ぶ基準について

塗料と言っても、さまざまな種類がありますし、なによりどれも特徴が異なるためどれを選ぶべきなのかを迷ってしまうことでしょう。

グレード使用難度
ウレタン

お手頃

☆☆

シリコン

お手頃

☆☆

ラジカル

やや高価

☆☆☆

フッ素

高価

☆☆☆

遮熱
断熱塗料

かなり高価

☆☆☆☆

目的に合った塗料かどうか

少しでも安くしたいと思い、ランクの低い塗料を選択してしまいがちではないでしょうか。

たしかに、ランクが低い塗料だったとしても、しっかり性能を発揮してくれるため間違いではありません。

しかし、将来的なメンテナンス性やコスト的なことを考えると、安い塗料を選ぶと失敗する可能性があります。

なぜなら、屋根は過酷な環境で戦っているため塗料の劣化がはやいからです。

なるべく予算内で、耐久性の高い塗料を選ぶことが重要ではないでしょうか。

いつまで長持ちさせたいのかどうか

どんなに耐久性の高い塗料だったとしても、いつかはその役目を終えるときがやってきます。

当然、そのタイミングで塗装を行うわけですが、いつまで長持ちさせたいのかを考える必要があります。

それが5年ごとなのか10年なのか、はたまた20年なのかで塗料の選ぶ基準が変わってきます。

年数が長くなればなるほど、塗り替えの頻度が少なくなるため手間がかかりません。

逆に短い年数であれば、なんども塗り替えることを想定しておくべきです。

価格に問題ないのかどうか

たとえば、ウレタンとフッ素の金額は大きく異なります。

それを屋根全体でみると、かなり大きな金額になってしまうため、予算オーバーなんてこともありえます。

当然、予算内におさめないといけないため、そもそもその塗料の単価はどれくらいなのか、トータルでいくらかかるのかをチェックしておけば安心と言えます。
【スーパーホームレスキューの修理費用はこちら>>】

屋根は色も肝心

屋根塗料
屋根塗装をするうえで、絶対に外せないのが色です。

屋根は家のなかでも最も高い位置にあるため、色ひとつで印象が大きく変わります。

極端な例かもしれませんが、ピンクが好きだからと言ってそのまま適用してしまうと、一気にカワイイ家になりますが、近隣とのバランスがおかしくなることも考えられます。

また、艶あり塗料を選択する場合も反射により近隣へ迷惑をかける可能性があるため、注意しましょう。

自分の家の屋根ではありますが、近隣などへ配慮することも大切な行動と言えます。

今までとは違う色にする場合は、色見本などをチェックしイメージ通りかどうかをしっかり調べておくことが重要です。

屋根塗装の塗料のことなら「スーパーホームレスキュー」へ

もし、屋根塗装の塗料のことで迷われているのでしたら、スーパーホームレスキューへお任せください。

当社では屋根塗装を中心に、屋根に関することを専門として工事を行っております。

屋根塗装をする際には、塗料の選びかたが非常に重要になってきます。

当社では、お客様のお住まいの環境やご希望に合わせて最適な塗料をご提案いたします。

また、加入中の火災保険の適用により0円で屋根塗装ができますので、まずはお問い合わせください。

プロのスタッフが、親切丁寧におこたえいたします。
屋根修理っ容赦屋根修理問い合わせ

屋根塗装の塗料のまとめ

これから屋根塗装を検討していると、どういう色にするべきなのか、そもそもどんな塗料があるのかをご存知ないはずです。

当然、すべて業者任せにするのもいいですが、後悔しないように少しでも塗料に関する情報を知っておくべきと言えます。

もし、屋根塗装を検討されているのでしたらプロの屋根塗装業者に相談してみてはいかがでしょうか。