雨漏り修理はDIYでできるの?大きな事故をしないためにチェックするべきこと

お役立ち情報

大切なマイホームを購入してからしばらくすると、とある異変に気付くことがあります。

それは雨漏りではないでしょうか。

雨漏りは天井からポタポタと雨水が落ちてくるだけですので、とりあえず雨水の着地点にバケツを置いて処置してしまうかもしれません。
やっておくべき雨漏りの応急処置方法>>
また、応急処置に留まらず、雨漏り程度なら自分で何とかしようと思い、DIYを検討する可能性があります。

そこで今回は、雨漏り修理はDIYで可能なのかどうかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

そもそも雨漏りする原因を知っておこう

雨漏りの原因
建物が雨漏りするには、何らかの原因があります。

屋根材がズレたり浮いたりする

屋根材はもともと頑丈に作られていますが、ある程度の年月が過ぎると少しずつ劣化していくものです。

さらには、予期せぬ大雨や台風、地震などの自然災害により屋根材がズレたり浮いたり、または割れたりというアクシデントが発生してしまいます。

雨どいが詰まったり壊れたりする

雨どいは、雨水を適切に流してくれる大きな役割があります。

ですが、何らかの理由によって雨水がせき止められてしまう場合があります。

たとえば、枯れ葉やゴミなどが雨どいに蓄積すれば、その分雨水が流れなくなってしまうため、あふれてしまうというわけです。

結果的に行き場を失った雨水が、建物に浸入し雨漏りになってしまいます。

コーキング材が剥がれる

コーキングが剥がれる
コーキング材とは、隙間を埋めたりひび割れを補修したりするために利用される充填剤のことを指します。

たとえば、屋根以外ですとお風呂などの水回りでよく利用されているため、目にする機会が多いはずです。

そんなコーキング材も寿命があるため、役目を終えたときに効果が弱くなり雨水が浸入してしまいます。

結果的に、コーキング材が剥がれた箇所から雨水が浸入することで、雨漏りになってしまうというわけです。
雨水が入る

雨漏りを放置するとダメな理由

雨漏りの放置雨漏り修理

一見、水滴などによる腐り、シミに思えますが、雨漏りが原因となっていることが多くあります。

また、雨漏り箇所を見つけても、天井から雨漏りしているだけだから、雨がやんで乾いたら大丈夫だろう、と思ってしまうかもしれません。

しかし、その予想とは違い悲惨なことが起きている可能性が高いです。

ここからは、雨漏りを放置するとダメな理由についてお話しします。

建物内部が腐っている可能性

どんなものでも、長く水分を含んでいるものは腐ってしまうことを知っている人は非常に多いのではないでしょうか。

とくに食べ物の場合、普段から目にする機会が多いため、簡単にイメージできるはずです。

実はそれは建物にも該当します。

雨漏りが発生しているということは、建物内部に雨水が浸入しているということです。

雨漏りしているということは、それ相応の雨水が建物内部に溜まっているためその分、木材に水分を含んでしまっている状態になっています。

しかも、建物内部は日光が当たらないこともあり、まったく乾かないことから、どんどん木材が腐っていきます。

当然、木が腐ってしまうと建物を支えられなくなり最悪倒壊の可能性があります。

害虫が発生する(シロアリ)

お住まいで、もっともイヤな害虫と言えばシロアリではないでしょうか。

なぜならシロアリは、木材を食べ物にするからです。

シロアリは、湿気の多い場所に集まる傾向にあるため、雨漏りしている建物があればすでに住み着いている可能性があります。

ただの雨漏りだろうと思っている間にも、シロアリは家の木材をどんどん食べるため非常に危険と言えます。

雨漏り業者

建物を支えている木材が食べられてしまうと、建物全体の強度が弱くなってしまいます。

カビの発生により建物や人に被害をもたらす

ジメジメしたところには、もれなくカビが発生するものです。

それは普段生活している水回りや食べ物でもよく見かけるため、馴染みのあるトラブルではないでしょうか。

そんなカビも、建物内部に発生してしまいます。

雨漏りが発生している以上、その周辺は湿気で覆われているため、カビにとっては好都合な環境と言えます。

しかもカビは、どんどん増殖していくから非常に厄介ではないでしょうか。

カビが作られると増殖し、周囲にまき散らします。

カビの影響により、人間やペットなどに悪影響を与えてしまいます。

たとえば、セキがでたり呼吸器系の病気になったり、アレルギーになったりなど、重い障害となってしまう場合があります。

たかが雨漏りと思っていても、シロアリやカビなどによりさまざまな悪影響があるということを知っておきましょう。
雨漏りで白アリ
雨漏りでカビ

雨漏り電話

雨漏り修理はDIYでも対応可能?

雨漏りDIY
もし雨漏りに気付いた場合、なんとか自分で修理をしようと思う人がいるはずです。

なぜなら、少しでも費用を浮かしたいと思うからです。

まず、雨漏り修理のDIYは難しいと言えます。

なぜなら、雨漏り修理をDIYすることで、さまざまなデメリットがあるからです。

雨漏りの場所は高所のため事故がおきやすい

雨漏りは、基本的に天井などの高いところから発生することが多い傾向にあります。

ですから、発生源の特定や修理をする場合は、高所作業をしなければなりません。

雨漏りしているということは、周辺が濡れており滑りやすくなっているため、一般人が対応すると大ケガや死亡事故に繋がる可能性があります。

費用を浮かすためにDIYをした結果、それ以上のものが失われてしまうため、かならず雨漏り修理のプロに相談するようにしましょう。

中途半端に修理すると余計に費用が高くつく

仮に、一般人が無理やり雨漏り修理をしたとしましょう。

当然、それは適切な修理ではないことが多いため、時間が経てば再度雨漏りが発生することも少なくありません。

いちどDIYで対応して無理だった場合、ほどんどの人は諦めてプロに任せようと考えるはずです。

ですがDIYをしたところが無茶苦茶だった場合、本来やらなくてよかった作業が増えてしまう可能性があります。

当然、余計な工数がかかればその分、別途費用を請求されることでしょう。

ですから、無理にDIYをしようとするのではなく、素直に業者にお願いするべきと言えます。
【スーパーホームレスキューの修理費用はこちら>>】

雨漏りの入り口をふさいだだけでは意味がない

雨漏りの原因
雨漏りが発生しているということは、どこかに原因があります。

もしその発生場所を特定できて、そこをふせげば解決できると思ってしまうことでしょう。

その考えは大きく間違っています。

なぜなら、雨漏りの発生源をふせいだとしても、すでに内部が雨水で浸水している可能性があるからです。

DIYにより雨漏りは発生しなくなるかもしれませんが、建物内部が腐ったりシロアリによって木材を食べられたりしているというわけです。

雨漏り業者

結果的に自己流のDIYにより、家に住めなくなってしまうため雨漏り修理のプロに任せるべきと言えます。

雨漏りがひどくなると修理ではきかなくなる

雨漏りを放置していた場合、湿気によりシロアリやカビが発生し、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

雨漏りにはやく気付きすぐに修理を依頼すれば、最小限の費用と工事で済む可能性があります。

しかし、雨漏りを放置してしまうと修理では対応ができないほどの状況になってしまい、大きな費用も時間もかかってしまいます。

雨漏り修理のことなら「スーパーホームレスキュー」へ

もし、雨漏り修理のことでお悩みなら、スーパーホームレスキューへお任せください。

当社では、雨漏りに関する修理をメインで行っております。

雨漏り業者

DIYは材料をそろえるだけでもお金がかかりますが、火災保険の適用により0円で修理ができます。

DIYではできないプロ目線での診断や修理ができますので、お気軽にお問い合わせください。

雨漏り救急

雨漏り電話

雨漏り修理のDIYのまとめ

一見、雨漏りは私たちにとって何ら影響はなさそうに感じてしまうものです。

しかし、見えないところでカビやシロアリが悪さをして、取り返しのつかないことになってしまいます。

ですから、雨漏りに気付いたのであればDIYという選択肢ではなく、プロに相談するべきではないでしょうか。