窓枠から雨漏りするのはなぜ!?原因と応急処置方法を解説

窓サッシの雨漏りmini point

通常の弱い雨のときは大丈夫だけど、台風や大雨のときに窓枠から雨漏りする場合、原因は何なのでしょうか?

雨漏りを放置すると床や壁がぬれるだけではなく、下地の木材などから建物が腐り始め、シロアリ被害が起こる可能性があります。

窓枠からの雨漏りに気付いたら、早急に応急処置を行うようにしましょう。

そこで今回は、窓枠から雨漏りする原因と対処法について解説いたします。

窓枠から雨漏りする原因

  • 屋根の雨漏りが窓枠に伝わって発生している
  • 窓枠のコーキング剤が劣化している
  • 外壁のヒビから雨漏りしている
  • 窓枠の防水処理に不具合がある
  • 2枚扉(引き違い窓)

窓枠から雨漏りする原因は、上記5つが考えられます。

屋根に雨漏りが発生した場合、屋根の下にある窓枠に雨水が伝っていく他に、外壁にヒビが発生している場合もヒビから雨水が侵入してきます。

また、窓枠には窓と外壁の隙間を埋めるコーキング剤と呼ばれるゴムのような素材があります。

コーキング剤の寿命は約10年なので、耐用年数を迎えたコーキング剤や紫外線などによって劣化したコーキング剤にはヒビ割れが生じて、そこから雨漏りが起こります。

そもそも窓枠を設置する際の防水処理に施工不良がある場合にも、窓枠に雨漏りが発生する原因となります。

窓枠から雨漏りした時の応急処置方法

  • 網戸の位置を変える
  • タオルや給水シートで水分を吸収する
  • コーキング剤でひび割れを埋める
  • 防水テープを貼る

2枚扉(引き違い扉)はお互いの扉をスムーズに開閉できるように、どうしても少しだけ隙間ができる構造になっています。

そのため大雨の際に雨水が侵入してきやすいというデメリットがありますが、網戸の位置を変えることで雨漏りを軽減することができます。

また雨漏りしているところをタオルや給水シートで水分を吸収するようにしましょう。

雨漏りしている箇所が特定できる場合は、防水テープやコーキング剤で補修することも可能です。

しかしこれらの方法はあくまで応急処置でしかありません。

根本の原因を突き止めて窓枠の雨漏りを直すためには、プロによる原因究明と補修工事が必要になります。

そのため窓枠の雨漏りを見つけたら、シロアリやダニ・カビが発生してしまう前に、早急に専門業者に相談してみましょう。

応急処置後は弊社にお電話を

雨漏りは、しっかりと修理をしないと何度も繰り返してしまします。

雨漏りを何度も繰り返してしまうと、家を腐らせたり、防水機能を失わせたりと、家そのものダメージを与えてしまう事になりかねません。

被害を悪化させないためにも、できるだけ早く対応する必要がありますので、修理保証のあるスーパーホームレスキューへご連絡下さい。

《関連記事》
・雨漏り修理費用
・雨漏りの応急処置方法
・窓サッシからの雨漏り修理とその費用
雨漏り修理業者はどこに依頼するべき?

雨漏り業者雨漏り問い合わせ